ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです
現在表示しているページの位置

野外教育・キャンプ

  • プログラム概要
  • 野外教育活動
  • センター毎の活動案内
  • キャンプ

野外教育活動は一人ひとりの全人的な教育の場

埼玉YMCAの野外教育活動では「グループ活動・自然体験・環境教育」を柱とし、一人ひとりの全人的な教育の場として野外教育活動を捉え、他者との関わりによって豊かにされる一人ひとりの成長を、自然の中での体験を通してより良く育みます。

子どもたちが“自然との対話”や“他者との関わり”の中で自己の能力や可能性に気づき、自分に自信と責任を持ちながら仲間と共に生きていけるように育てる場として、野外教育は最適の環境です。

野外教育活動

  •  幼児
    豊かな自然に直接ふれながら、その感触や思い立った自分の考えを、お友だちやリーダーと伝え合いながら、自然の中での遊びを一緒に楽しみます。
    (4~5名に1人のリーダーでグループを構成して過ごします)
  • 小学生
    仲間や自然との関わりを通して、協働する楽しみや役割、自身も含めた自然への責任など、グループを拠点とした自然との遊びを通して、より豊かな価値観を育みます。
    (5~12名に1人のリーダーでグループを構成して過ごします)

このページの先頭へ

センター毎の活動案内

浦和センター
グループ名 対 象 定 員
浦和Yキッズ 年少~小学生 各回50名
所沢センター
グループ名 対 象 定 員
アドベンチャーKids 年少~小学生 各回20名
冒険クラブ 小1~小6 40名
川越センター
グループ名 対 象 定 員
小江戸Yキッズ 年少~小学生 各回20名
参加をご希望の方は、お近くのYMCAまでご連絡ください。
お問い合わせ

センター詳細

このページの先頭へ

キャンプ

サマーキャンプ
夏ならではの自然に囲まれた環境の中で、お友だちやリーダーと共に普段の生活ではなかなかできないような経験を積みながら、“思いやり・尊敬する心・誠実さ・責任感”など、YMCAが特に大切にする4つの価値をより良く育みます。
→最新の情報は、トップページでご確認ください。
サマーキャンプの様子(2013参考)
スキーキャンプ
冬の自然に触れながら過ごすお友だちやリーダーとの生活体験を通して、“思いやり・尊敬する心・誠実さ・責任感”など、YMCAが特に大切にする4つの価値をより良く育みます。また、今も研究され続けているYMCAの子どものスキー指導によって「安全・確実・スピーディー」にスキーの上達を導きます。
→最新の情報は、トップページでご確認ください。
YMCAキャンプスタンダード
  1. 1.自然の生活に適応する能力を育成します。

    生活する力を養います。

  2. 2.良い習慣を育て実践します。

    良い習慣を築きます。

  3. 3.健康のための知識と経験を与えます。

    健康や体力に自信がつきます。

  4. 4.生活を豊かにする技術を学び、創造力を育成します。

    生活の工夫ができます。

  5. 5.良き友人を見出す機会をつくり、友情を深める方法を学びます。

    良い友だちを見出します。

  6. 6.良民主的なグループ経験を通して、社会における責任感を養います。

    助け合う気持ちや責任感が湧いてきます。

  7. 7.神の恵みを知らしめ、感謝の心を養います。

    奉仕の喜びがわかります。

リーダーとは…
YMCAに集う青年たちで、子どもの成長に関わることを喜びとし、自ら進んで自己研鑽する、子どもたちにとっては良きお兄さん・お姉さんであり、将来のロールモデルとなる存在です。18歳以上でディレクターが認めた者が、YMCAのトレーニングや子どもたちとの時間を通して更に成長し、社会へ羽ばたいていく―YMCAでは、その青年たち(リーダー)の育成も、大切な働きとして取り組んでいます。
Adobe Reader
PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償提供されているAdobeR ReaderTM プラグインが必要です。
参加をご希望の方は、お近くのYMCAまでご連絡ください。
お問い合わせ

センター詳細

このページの先頭へ